海外投資ガイドNET

海外投資ガイドNET

海外に投資する?

海外の投資案件って?

海外投資について記載しています。今個人投資家の間では海外投資が大きな注目を集めています。海外投資とは意味をストレートに解釈すると海外資産への投資という事になります。一口に海外資産へ投資するといってもその種類は豊富にあります。

例えば銀行での外貨預金や外国ファンドはもちろんのこと国際株式や外国為替取引、海外不動産なども海外投資といえますね。また金融商品だけでなく外国へ会社を設立するなどの投資方法もあります。その他にもグローバル・ソブリン・オープンなど色んな方法で海外投資が存在しています。

これらの海外投資の中で最近注目されているのは海外銀行口座を持って株式や債券に対して直接投資を行うとか海外でなければ購入できない世界的な有名ファンドを購入するといった本格的な海外投資です。しかし、個人でしかも投資初心者にとっていきなりこのような本格的な海外投資は難しいと思えますね。ところが、日本にいながら本格的な海外投資が出来る方法があります。

その代表格が投資信託や外国為替証拠金取引(通称FX)と呼ばれる投資方法です。これらの海外投資の最大のメリットは日本の超低金利と外国の高い金利との差額を利用して長期的な利益を得ることやレバレッジ効果で少額の資金で大きな利益を得ることが出来ることです。また法人設立の際、タックスヘイブンやオフショアと呼ばれる地域に登記すれば税金面で大きなアドバンテージを得ることが出来ます。

このように日本国内だけでは考えられないような投資商品が多数用意されていることは大きな魅力ですね。慢性的な超低金利状態に陥っている日本では国内の銀行に預貯金をしているだけで資産運用など望めない状況になってしまっています。海外投資にはリスクも伴いますが、上手に運用することでリスクを分散させながら高い利益を得ることも可能です。

一見ハードルが高そうな海外投資ですが、海外投資を巡る状況は法律の改正などで大幅に変わってきました。今では投資家にとって有利な法律が整備されています。ほんの少しの勇気とやる気があれば資産の有効的な運用は決して無理な話ではないのです。

スポンサードリンク